睡眠薬のデメリットと安全で穏やかなサプリメント

長い間、不眠症に悩まされてきて、毎晩辛い思いをしているという方いらっしゃいませんか。
特に心療内科やカウンセリングを受けても改善せず、処方された睡眠薬に頼っているという方もいらっしゃると思います。
不眠になるのは環境の変化や、何らかのストレスで心理状態が不安定になることでおこります。
原因となるものを取り除き、一時的に改善する目的に睡眠薬や睡眠導入剤を使うことは問題ありません。
根本的に不眠を解消することは期待できないでしょう。
又、市販の薬を利用しても、医療機関が処方する薬に比べて効果が薄くなります。
睡眠薬を長い間使用すると、体が慣れてしまい効かなくなります。
それに、食欲の減退、便秘、下痢、日中の眠気、集中力がなくなるなどのデメリットもあります。
特に高齢の方が不眠症で睡眠薬を服用する場合、めまいをおこすなどの心配もあります。
このような場合、薬の服用に抵抗感がある方はいらっしゃると思います。
そこで、日常から眠りに必要な栄養成分である、メラトニン、マグネシウム、トリプトファンなどをサプリメントで補うというのもお勧めです。
これらの成分をバランスよく配合したマインドガードなどは睡眠サプリとして人気のようです。
足りない栄養を補給して、体調を整えることで自然な眠りにつくことができることもあります。
もちろんサプリメントは食品なので、劇的な効果は期待できませんが、穏やかな眠りを習慣づけることが期待できるでしょう。
睡眠薬や病院に行くには抵抗があるという方や不規則な生活を送っている人は不眠症サプリメントを試してみてはいかがでしょう。